女性は、年齢を重ねていくと生殖機能がストップしてしまいます。これぞ、俗に閉経というのですが妊娠するための子宮内膜が剥がれ落ちて外に排出される、という事を生理というのですがこれを止まる事を指しますね。そして、其の閉経をはさんだおよそ前後5年くらいの間の事を更年期という風に呼びます。

更年期障害について

更年期障害について

其の年代に起こる様々な症状が日常生活にまで支障をきたすようになることを、総称して更年期障害と呼びます。この更年期障害、というのは基本的に生理学的には誰しもが大なり小なりなってしまうものではあるのですが、治療することもできるものなのですね。

主に、更年期障害の治療にはホルモン剤の使用が有効とされておりカウフマン療法やHRTと呼ばれるホルモン剤を投与することによって体内のホルモンバランスを変化させる事で更年期障害を治療する事が出来るんです。この、ホルモン剤は更年期障害にどんな働きかけをするのかということについてを紹介していきましょう。

ホルモン剤を使った更年期障害治療について

女性の精神状態や体の状態には、女性ホルモンという物が非常に大きく影響しているんですね。女性ホルモン、というのは女性らしさを司っているエストロゲンと妊娠をするための機能であるプロゲステロンの2つで構成されているのですが、更年期障害に特に強い影響を持っているのが、女性らしさを司るエストロゲンです。

エストロゲン、というのは思春期に入ることで分泌され始めて上昇していくんですね。そして、徐栄らしい体や体内機能などが発達していくんですね。主に、胸が膨らみ始めたり、生理が始まったり数rというのがこのエストロゲンが分泌が始まっていることによる体への影響ですね。

そして、その後のエストロゲンは安定したパターンで変動を繰り返していくことになるんですね。

エストロゲンの減少について

そして、更年期障害を起こす年代に向けて40代のころから緩やかにエストロゲンの分泌量が下降し始めるという時期に入ります。そして、そこから閉経を迎える頃になると一気に分泌量が下降し現象していくようになっています。更年期障害、というのは主にこの年代に入ることによるエストロゲンの低下によって引き起こされる物ダということナノです。

エストロゲン、というのは、主に生殖機能の他、脳や中枢神経機能、心臓血管系機能、脂質代謝や皮膚、骨代謝と言った体の成長や変化、機能などを調整するものなのです。だから、エストロゲンが急激に低下してしまうと女性の体には様々な変化が現れるんですね。

エストロゲン不足で起こってしまう更年期障害を治療する方法

まず、閉経前に向けて月経が周期がどんどん遅くなっていってしまったり、体がほてるように感じたり発汗が激しくなるホットフラッシュ、物忘れや動機、息切れや肩こりに頭痛、といった症状が主ですね。しかも、これらの症状が重い人ダと日常生活にさえ支障をきたすほどのものになることもあるんですね。

基準■ホルモン剤の副作用 http://www.ntp-k.org/medicine/hormone/

そういった、重度の更年期障害の症状を緩和するのがホルモン剤を投与する治療法なのだ、ということです。エストロゲンの低下が原因で起こる更年期障害は、女性であれば誰にでも訪れる可能性のある物なのです。だからこそ、ホルモン剤を投与する事でエストロゲンを補充するホルモン補充療法、所謂HRTという物を今から知っておいて欲しいですね。

あらかじめ、更年期障害にこういう風に対応すればいいんだと知っておけばなった時も迅速に対応ができますからね。

ホルモン剤の注射を受けたいという方へ

ホルモン剤の注射を受けたいという方へ

先のような症状で悩んでいるという方の中には「ホルモン剤を注射してもらいたい」という声もあるのではないでしょうか。しかしながら、注射の場合には自らが行うことは不可能となります。個人輸入などで取り寄せるという事も不可となっています。

ですから、注射を希望される場合にはまずは病院を受診していただくことが必須といえるでしょう。さらには、医師が「注射を用いることが必要である」と判断した場合のみということになります。もちろん、医師に希望を伝えることは可能ではありますが、それが適切ではないという診断だった際には受けられないこともありますので認識しておきましょう。

副作用について

ホルモン注射における副作用についてですが、経口投与するホルモン剤治療と同様のものが考えられます。不正出血やのぼせ・乳房などの張りや痛み・むくみ・吐き気などが具体的なものになります。これらの症状が目立ってしまうという時には、治療法やアプローチを変更することも可能かと思いますので医師に相談をしてください。

症状ごとのホルモン注射療法

今回はホルモン注射とその適応症状について見ていきました。あらゆるケースに用いられているという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。経口投与よりも身近に感じないものの、医療処置としては取り入れられていることが多いようです。

こうした療法もあるということを知っておくと、いざというときにも理解度が深まることでしょう。