加齢に伴い、エストロゲンの分泌量が減少してしまうことで起こる更年期障害、という物は女性にとっては特に文字通り頭の痛い問題ですね。しかし、ホルモン剤を投与するHRTという療法にはそれぞれにあったホルモン剤の投与が必要になります。

■ホルモン療法に使用されるホルモン製剤について
ホルモン補充療法に使用されるホルモン剤には、大きくわけて二つの種類がありエストロゲン製剤と黄体ホルモン製剤があります。エストロゲン製剤とは、その名の通り更年期障害の原因にもなるエストロゲンの分泌量の低下を補うための製剤のことですね。

逆に、黄体ホルモン製剤というのは女性ホルモンのエストロゲンと対をナスプロゲステロンの補充をするためのもので、しばしばホルモン剤ではエストロゲンと一緒に配合サれている事が多いですね。

■エストロゲンのみのホルモン剤はリスクがある
しかし、更年期障害の原因はエストロゲンの低下なのだからエストロゲン製剤だけを投与していればいいという風に思うかもしれませんね。それは大間違いです、確かに更年期障害はエストロゲンの補充によって改善する事が出来るのですがエストロゲンのみが増加してしまうと生殖器関係のがん細胞を増殖させてしまうリスクがあるということが研究でわかってきています。

黄体ホルモン製剤は、そのがんの予防のためにも必要になりますので両方が配合されているホルモン製剤の使用が望ましいですね。

■まとめ
エストロゲンというのは、確かに更年期障害に効果があるのですがそれのみだと別のリスクが発生してしまう、ということがあるのです。特に、がんの発症率が上がるというのはたとえわずかでも冒したくはないリスクですからね。