ホルモン剤を投与する事で、更年期障害の症状を緩和したり改善したりする、ホルモン補充療法という物が今注目を受けています。特に、ホルモン製剤の中でも更年期障害の改善にはエストロゲン製剤が必要なのですが、エストロゲン製剤にはどんな物があるのかという事を紹介します。

■エストロゲン製剤の種類について
エストロゲン製剤には色んな物がありますが、其の中でも特にポピュラーなのは所謂経口薬タイプの飲み薬ですね。エストロゲン製剤の経口薬は、錠剤型の物になっており胃腸から吸収する事で体内のエストロゲンの増加を助ける、というものになっています。

主に、此方は肝臓を通ってから血液中に分散されるのですが経口薬なので当然胃腸や肝臓を通るため、その分負担がかかります。なので、胃腸の調子が悪い人なんかは経口薬を避けた方がいい、と言えるで消炎。

■飲み薬タイプのエストロゲンの種類について
飲み薬タイプのエストロゲン製剤には、今のところ国内ではエストロゲン単剤(プレマリン、ジュリナ、エストリール)と言った物やエストロゲンとプロゲステロンを一緒に配合してある配合剤のウェールならなどが処方されていますね。エストロゲンは、単剤だと更年期障害の改善は出来ますが乳がんや生殖器関係のがんの発生率を高くしてしまうリスクがあるので、できればプロゲステロンが一緒に配合してある配合剤の方が好ましいでしょうね。

■まとめ
基本的に、エストロゲン製剤の経口薬に関してはドラッグストアなどでは取り扱っておらず、調剤薬局などに医師の処方箋を持って行ったり産婦人科で直接医師に処方してもらわないと手に入れる事が出来ません。医師の診断と指示に従って服用するようにしましょう。